NS乳酸菌はNSバイオジャパンの製品です

NS乳酸菌

NS乳酸菌とは

モンゴルの大草原から生まれたNS乳酸菌

NS乳酸菌は蒙古高原の漬物や醗酵馬乳の中から分離され、遺伝子解析を通して生物学的特性を確定したもので、培地での培養を繰り返してつくることはありません。糖類、タンパク質、繊維などにも高い消化力を持ち、人間及び動物の食べ物を殆ど選ばずに消化できる野生の品種で、人間及び動物や自然に共生している菌です。

NS乳酸菌(共生菌)は、人類の身体と心の健康時代をつげるNew Sun(新たな太陽)です!

NS乳酸菌|モンゴル平原

NS共生菌には、若い原生性乳酸菌と過成熟の抗生性乳酸菌があります

NS乳酸菌

金鋒博士の新しい醗酵理論は、従来の乳酸菌醗酵と違います。醗酵培養の初期において、乳酸をまだ産生しない菌を原生性乳酸菌といいます。そして、対数増殖期を過ぎ菌数がピークに達した後に過熟成して乳酸を作り始めた乳酸菌を抗生性乳酸菌といいます。

原生性乳酸菌は数が少なくても腸内で爆発的に増殖します。それは、人間及び動物の腸の生態環境及び微生物の平衡に助けられるからです。逆に、抗生性乳酸菌のように長期間醗酵した乳酸菌、又は乳酸をたくさん放出した乳酸菌は腸内であまり増殖しないことが確認されました。

NS共生菌の製品では、飲料や、サプリに原生性乳酸菌が使用され、石鹸、シャンプー、リンスや、肌水などには抗生性乳酸菌が使用されています。

共生菌は人類健康の基礎

人間の全身すべての細胞数はおよそ100兆余りあると推定されています。しかし、健康な人の体にはその100倍もの微生物の存在が確認されています。人間の生体構成において親から伝わる遺伝子はわずか20000個余りであり、健康、病気、寿命、精神状態などは殆ど我々と共生している微生物によって決められます。

体の表面は膨大な有益細菌に覆われています。体表としての皮膚、及び体内としての消化管、生殖器、呼吸器などが共生菌にコーティングされると、ウイルスや、病原菌などが付着しにくくなり健康状態を保つことができます。

しかし、常に抗生剤や防腐剤、保存剤が入った食品を摂取すると、有益な微生物が増殖せずに減少し、腸に悪い病原菌が付着しやすくなります。その結果、ノロウイルス、O157及びO111腸管出血性大腸菌などに感染しやすくなります。有益微生物が減少すると共に、病原菌が増殖しやすい状態になり、いろんな病気にかかりやすくなります。

有益菌も病原菌も生命体であり、薬剤による選択殺菌は不可能です。病原菌は有益菌で抑制すべきなのです。

人間の腸内には善玉菌と悪玉菌の両方が存在し、その割合とバランスで健康状態を保っていますが、抗生物質を摂取すると両方の菌を殺してしまいます。その結果、地球のオゾン層が破壊されて穴が開き、紫外線が地球にダメージを与えるのと同じように、無菌状態の腸に耐性のない病原菌が入りこんで病気になってしまいます。一番大事なのは有益菌で自分の腸をきれいにコーティングすることで、腸内空間に有益菌が多ければ、病原菌は少なくなるはずです。

(金鋒博士)

 

NS乳酸菌と金鋒博士

 

金鋒博士プロフィール

金鋒博士 金鋒(きんほう)1956年6月、中国内モンゴル自治区フホホト市生まれ。
1987年、東京大学留学、人類遺伝学の専攻、人類学の修士と博士学位を取得。
現在、中国科学院心理研究所・中国科学院心理健康重点研究室に教授として、行為生物学及び人類微生物共生共存の生物学関係の研究を行っています。NS乳酸菌の発見者、研究者として金鋒博士はNS共生菌の研究と応用には、中国国内から、世界国々幅広く伝われています。特に人間の共生菌は人間の精神状態を支配しているという大発見で、この領域に研究と指導のできる第一人者です。
金鋒博士
金鋒博士の著書

乳酸菌革命―菌やウイルスを殺してはいけません。生物はウイルスによって進化しバクテリアによって守られているのです

■発行/評言社

■発売/2009年

乳酸菌革命

NS乳酸菌で病気を防ぐ
金鋒博士の著書

「NS乳酸菌」が病気を防ぐ
モンゴルの大草原が生んだ驚異のバクテリアパワー

■発行/PHP研究所

■発売/2012年2月22日

NS乳酸菌で病気を防ぐ

紫府30粒入
中国限定販売商品

紫府 NS乳酸菌
30カプセル入り ラミジップ

■参考価格:10,800円(税込)

共生園30粒入
中国限定販売商品

共生園 NS乳酸菌
30カプセル入り ラミジップ

■参考価格:8,500円(税込)

製造現場のご紹介

私たちは、NS乳酸菌の研究・開発を日中共同事業として取り組んでいます

NSバイオジャパンは、秋田県の清酒醸造施設を「金鋒博士」が発見・分離・開発してきた「人間共生共益乳酸菌」の日中バイオ共同事業の研究、製造拠点として有効活用しています。

カプセル充填機

カプセル充填機

全面ステンレス張りの衛生管理された充填室と、最新の充填マシーンを導入。NS乳酸菌粉末が、衛生的に次々とカプセルに充填されます。

カプセル目視検査風景

金属探知器による検査、異物混入や変形品の目視検査等、徹底した品質管理が行われています。

クリーンベンチ作業風景

クリーンルームに設置されたクリーンベンチでNS乳酸菌の培養をする技術者。技術開発の中心となる中国人技術者(工程師)。

第一プラント写真

主に大豆を原料として動物用のリキッドタイプ飼料用や、飲用・噴霧用のNS乳酸菌培養液の製造プラント。

第二プラント写真

リンゴ、米を主原料としてヒト用のNS乳酸菌培養液を製造する第二プラント。水、蒸気、圧縮空気のバルブ操作や温度管理など緊張感溢れる現場。

発酵タンク写真

旧酒蔵の貯蔵タンクを利用して、緩やかな発酵と長期貯蔵が可能になりました。貯蔵されたNS乳酸菌培養液は化粧品や様々な商品の乳酸菌原料となります。